ニュースイメージ背景

NEWS 【 セイシェル 】セイシェル政府観光局よりお知らせ

NEWS

 2021.01.25

セイシェル

【 セイシェル 】セイシェル政府観光局よりお知らせ

【 セイシェル 】セイシェル政府観光局よりお知らせ
2021年1月10日より、世界でも有数な旅行先の一つであるセイシェルでは、コロナウイルスに関して免疫キャンペーンを開始いたしました。
アフリカ諸国内でも最初のコロナワクチンプログラムを、世界でも先進の数値として、18歳以上の一般市民の70%に行き渡る免疫効果のあるワクチン接種を進めます。
その最初の例として、セイシェルのワベル・ラムカラワン大統領がシノファム・コロナワクチンを接種した、アフリカ諸国の上層部の方たちの中で、最初の人物となりました。
セイシェル病院において、あらゆる階層の方達、リーダー、健康管理関係者、メディア関連など、このシノファム・コロナワクチンをサポーターの皆様の元にコロナに対する免疫を得るために接種しました。この後、セイシェル厚生省では、11日より主要部門の方達への接種も開始しました。これには健康管理関係者や旅行関連従事者の方達も含まれています。

ラムカラワン大統領は、この死の危険性のあるウイルスを抑制するために、関連諸国との結託と医療関係の連携を強調しました。市民の安全と経済の復興を目指すために。

式典に参加した旧大統領のダニー・ファウレ氏は、このコロナ・パンデミックに対抗するための処置に感謝しました。
この強力なワクチンキャンペーンにより、世界に先駆けて18歳以上の一般市民の70%ほどにワクチンが行き渡り、安全の確保につながると事になると、大統領は強調しました。

大統領は更に、1月末までに、オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチン10万を含むワクチンを確保するとも発表しました。
外務観光大臣のシルベストレ・ラデゴンデ氏は、この国の政策は、国の産業のおいて欠かせない政策であると、強調しました。
このコロナウイルス・ワクチンキャンペーンは、国の将来にとっても大変重要な課題です。
重要産業の観光産業においても、国のバランスを保つためにも、このウイルスと戦って行かなくてはなりません。
世界はまだまだ平常の状態には戻っていませんが、私達の国に訪れたい方は、大勢いらっしゃいます。私達はこのためにも経済、国の立て直しをしていく必要がありますと、ラデゴンデ大臣は強調しました。
更に大臣は、皆様の国においても油断なく安全の対策をしていただけるよう、切に願っていることを伝えています。

セイシェルでもワクチン接種が始まりました。セイシェルへ旅行に行ける日がくることを願います。