ニュースイメージ背景

NEWS セイシェルよりワクチン接種済み渡航者の入国制限緩和のお知らせ。

NEWS

 2021.02.22

セイシェル

セイシェルよりワクチン接種済み渡航者の入国制限緩和のお知らせ。

セイシェル政府は、ワクチンを接種済みであれば世界各地からの渡航者を歓迎しております。

ワクチンの接種が完了したご渡航者。利用可能な5つのワクチン(アストラゼネカ、モデルナ、 シノファーム、ファイザー、スプートニックV)のうちの1つについて、2回を接種済みで、2回目の接種から2週間以上が経過している場合は、セーシェル滞在中、自由に行動することが許されます。新型コロナウイルス(COVID?19)のワクチンを接種済みの渡航者は、出発前72時間以内に取得された陰性結果証明とともに、国家の医療当局が発行する正式な接種証明書を提示する必要があります。

詳細はセイシェル政府観光局のサイトをご確認下さい。
http://tourism.gov.sc/covid-19-guidelines/

** 重要 **
〇 日本帰国時について 〇
日本政府より発出されている「感染症危険情報」レベル3(セイシェルはレベル3です)対象国からの入国には、入国時の抗原検査が必須となります。
さらに陰性結果でも「14日間の検疫所長が指定する場所での待機」や「公共交通機関の不使用」が要請されます。

* 検査結果が出るまで、原則、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機していただくこととなります。(数時間は必要です又混雑や再検査により翌日以降となる場合もあります。)

「検疫所長が指定する場所」とは、以下の箇所が目安となります。
自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、ご自身で予約したホテル

空港から自宅までの交通手段(自家用車、レンタカー等)をご自身で確保していただくようお願いしています。電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用しないよう、強く要請されております。

詳細は厚生労働省のサイトをご確認下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q2-3