ニュースイメージ背景

NEWS 【2021年10月08日更新】新型コロナウィルス (COVID-19) の影響によるモーリシャスへの入国制限情報

NEWS

 2021.10.08

モーリシャス

【2021年10月08日更新】新型コロナウィルス (COVID-19) の影響によるモーリシャスへの入国制限情報

【2021年10月08日更新】新型コロナウィルス (COVID-19) の影響によるモーリシャスへの入国制限情報

◆ モーリシャス入国条件 ◆
〇 全ての渡航者に対して、渡航前(モーリシャス到着便出発の72時間前)に受検したPCR検査の陰性証明書を搭乗時に提示することを義務付ける。またモーリシャス人、在留許可及び労働許可保持者を除き、新型コロナウイルス感染症をカバーする旅行保険加入も義務付ける。
〇 新型コロナウイルスワクチンを接種済みの渡航者は、ホテル滞在の場合、滞在0日目及び5日目にホテルでそれぞれ抗原検査の受検を義務付ける。検査費用はホテルの宿泊ポリシーによって宿泊費に含まれるか自己負担となる。滞在0日目の検査結果が陰性だった場合、自由な移動が可能となる。
〇 ホテル以外の宿泊施設(アパート、B&B、ゲストハウス、自宅等)滞在の場合、モーリシャス空港到着時に無料のPCR検査の受検及び滞在5日目に自己負担で簡易抗原検査の受検を義務付ける。空港到着時の検査結果が陰性だった場合、自由な移動が可能となる。
〇 到着前14日前(ジョンソン・エンド・ジョンソン製は28日前)までに、ワクチン接種を済ませておく必要がある。
〇 新型コロナウイルスワクチン未接種の渡航者に対して、出発前にモーリシャス政府指定の隔離ホテルを予約し、14日間、同ホテルの室内で隔離措置を受けることを求める(食事も部屋に配達される。※3)。モーリシャス空港到着時、滞在7日目及び14日目にそれぞれPCR検査を受検し、14日目のPCR検査が陰性の場合、自由な移動が可能となる。

*帰国時(日本入国時)には別途厳しい条件があります。詳細は下記外務省サイトをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
*ご案内の条件は日本国籍のお客様の適用条件となります。
*ご案内の各国入国条件は予告なく変更になる場合がございます。実際に渡航をご検討の際は、駐日各国大使館並びに在外公館のHP等で最新情報のご確認をお願いします。

◆ 海外渡航用ワクチン接種証明について ◆
現時点で、日本政府発行の接種証明書が有効な国は一部の国のみとなっております。また、このワクチン接種証明書を所持していても日本帰国時の制限緩和等は一切ございませんのでご注意願います。
日本政府発行のワクチン接種証明書は、モーリシャスにて有効な証明書と認められていません。
詳細は下記、厚生厚生労働省のサイトをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html