ニュースイメージ背景

NEWS 【2021年10月22日更新】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響によるセイシェルへの入国制限情報

NEWS

 2021.10.22

セイシェル

【2021年10月22日更新】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響によるセイシェルへの入国制限情報

【2021年10月22日更新】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響によるセイシェルへの入国制限情報

◆ セイシェル入国条件 ◆
〇 出発便搭乗前 72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出 及び ヘルス・トラベル・オーソリゼーション(https://seychelles.govtas.com/)への事前申請を入国の条件にて入国可能。また、観光客は許可された宿泊施設での滞在が求められる。

*帰国時(日本入国時)には別途厳しい条件があります。詳細は下記外務省サイトをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
*ご案内の条件は日本国籍のお客様の適用条件となります。
*ご案内の各国入国条件は予告なく変更になる場合がございます。実際に渡航をご検討の際は、駐日各国大使館並びに在外公館のHP等で最新情報のご確認をお願いします。

◆ 海外渡航用ワクチン接種証明について ◆
現時点で、日本政府発行の接種証明書が有効な国は一部の国のみとなっております。
尚、現状日本ではすべての国からの帰国者に対して帰国後14日間の自宅等での待機がございますが、セーシェルからの帰国者に対しては、帰国後最初の3日間は検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて待機がございます。
しかし、2021/10/01より日本政府指定のワクチン2回接種(接種後14日以上経過している者に限る)+ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を保有している者に対し、3日間の指定場所での待機の免除 及び、自宅等での待機10日目に自主検査(自費 / 検査機関指定あり / 公共交通機関での移動不可)を行って頂き、陰性の場合は最短で待機11日目から免除されることとなりました。(※検査結果を提出し、許可が出てから免除となり、場合によっては許可が下りるまでに1〜2日かかる場合もございます。その間は隔離の対象です。違反した場合は実名を公表される場合がございます。)
詳細は下記、厚生厚生労働省のサイトをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html