ニュースイメージ背景

NEWS 【2021年9月最新情報】コロナ禍でも行けるモルディブへ行ってきました!

NEWS

 2021.09.21

モルディブ

【2021年9月最新情報】コロナ禍でも行けるモルディブへ行ってきました!

【2021年9月最新情報】コロナ禍でも行けるモルディブへ行ってきました!

新型コロナウイルスが流行してから1年以上が経ちますが、 今も尚 猛威を振るっており、こんなにも被害が出るなんて当時は想像もしていなかったですよね (TT)

まだまだ 以前のように簡単に海外旅行へ行くことは叶いませんが、 実は今現在、観光目的で行ける国がいくつかあるのはご存じですか?
その中でも比較的「安全・安心」が保たれており、 感染リスクが少ないと世界中から注目されている場所、それは「モルディブ」です!
では、なぜモルディブがコロナ禍で安全・安心度が高いと言われているのでしょうか?
その理由は他の国とは少し変わった「移動法」「滞在の仕方」「感染予防」にあります!

2021年3月末、弊社トラベルプランナーの一人がモルディブに海外旅行でへ行くブログを更新致しました ★

*** ブログはこちらから ***
https://www.fortynine.co.jp/blog/area_detail.php?bid=85

是非、ご覧ください (^^)/

【 2021/05/25 追加更新 】
2021/05/18にモルディブが「変異株 B.1.617 指定国・地域」に指定されました。モルディブからの日本国籍の帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて10日間の待機となり、入国後 3日目、6日目及び 10日目に改めて検査を受けていただくこととなりました。全ての検査にて陰性の場合のみ、11日目より公共交通機関以外の移動方法にてご自宅またはホテル等へご移動頂き、残り4日間の待機となります。
尚、これにより日本への再入国又は帰国を前提とした 変異株 B.1.617 指定国・地域への短期渡航については、当分の間、中止するよう強く要請されております。
【 2021/08/11 追加更新 】
モルディブからの日本国籍の帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて10日間の待機から6日間の待機へと期間が変更となりました。尚、7日目より公共交通機関以外の移動方法にてご自宅または宿泊ホテル等へご移動頂き、14日間の内の残り8日間の待機となります。
【 2021/09/20 追加更新 】
モルディブからの日本国籍の帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)にて6日間の待機から3日間の待機へと期間が変更となりました。尚、4日目より公共交通機関以外の移動方法にてご自宅または宿泊ホテル等へご移動頂き、14日間の内の残10日間の待機となります。